Destiny DB Tracker Network

謎のエクソ - 味方 グリモア

謎のエクソ

謎のエクソ 15

ゴーストなしで暗黒の中を歩むエクソの話は、長年タワーに言い伝えられてきた。伝説によれば、この謎に包まれた特異なる者は、まるであの世から訪問してきた亡霊かのように我々の世界を出入りしいるらしい。

このエクソこそ、忘れ去らし戦争で戦った古代エクソの生き残りであると信じる者がいるが、一方でベックスのテクノロジーにさらされたために見られる幻覚として片付ける者もいる。しかし、彼女のお陰で命を救われた、あるいはおぞましい惨事を回避できたと主張する者もいる。

ゴーストの破片: 謎のエクソ

ゴーストの破片: 謎のエクソ 5

私は今ここに立つ、何度もここに立つ。この眺め、この土地...

私はいつもこの場所を選んで立つ。過去も今も来たる未来も、ずっと同じ場所に足を置き、この場所で空を見上げる。

大きなものが動いている。距離のせいで小さく見える。小さなものは動かず、私を見ている。

私はいつも決意を固めてここに立つ。そしてあの場所に戻る。全てが崩れ落ちるあの場所に...

(ここの空は何の変哲も無い。他の空より特に優れているわけでもない。でも、私が一番良く知っている空...)

静かな雪崩が始まる。岩と埃。落ちてゆく混沌。一般的に機械は混沌を嫌う。

敵が下、上、左、右、前、そしてその向こうから我々を囲む。トラベラーが――打ち砕かれる。

死者は常にいる。名前が変わるだけにすぎない。

時々、死者の中に自分が見える。

でも、私は覚悟を決めている。

ゴーストの破片: 謎のエクソ

ゴーストの破片: 謎のエクソ 5

私は今ここに立つ、何度もここに立つ。この眺め、この土地...

私はいつもこの場所を選んで立つ。過去も今も来たる未来も、ずっと同じ場所に足を置き、この場所で空を見上げる。

大きなものが動いている。距離のせいで小さく見える。小さなものは動かず、私を見ている。

私はいつも決意を固めてここに立つ。そしてあの場所に戻る。全てが崩れ落ちるあの場所に...

(ここの空は何の変哲も無い。他の空より特に優れているわけでもない。でも、私が一番良く知っている空...)

静かな雪崩が始まる。岩と埃。落ちてゆく混沌。一般的に機械は混沌を嫌う。

敵が下、上、左、右、前、そしてその向こうから我々を囲む。トラベラーが――打ち砕かれる。

死者は常にいる。名前が変わるだけにすぎない。

時々、死者の中に自分が見える。

でも、私は覚悟を決めている。

ゴーストの破片: 謎のエクソ2

ゴーストの破片: 謎のエクソ2 10

[古代の伝送帯域でキャッチされた散らばった野帳]

記録: 084-BRIDGE-10.7

今回はどの時代かは合っていた。でも場所が間違っていた。世界が地平線に壮大に広がる。こんな光景を見るはずではなかった。偶然にも、ここにいるべきでない何かの気配を感じる。私以外にも。そのうち戻る。

記録: 092-BRIDGE-08.1

設定がうまくいった。大体は... 地下に到着したが、囲まれていた。もっと早く戻っていれば。戦火の中、かろうじて有利な地点へ移動することができた。そう、ここには邪悪な何かがいる。私達が追っているのとは違う何かが。これ以上の追求は危険。まず立て直すことを提案する。

記録: 120-BRIDGE-05.3

地表ではただの野獣のように思えるが、奴らの目的はあの獰猛な歯と爪とは裏腹に複雑だ。あの機械達を思わせる。普通の敵ではない。

記録: 142-BRIDGE-07.4

予想外の撤退。このガーディアン達は私が到着する前に暗黒の儀式を阻止した。光を引き裂く... あのガーデンのように... あまりにも似ていて、初めて来たとは思えない。

記録: 142-BRIDGE-08.1

この試みは正確だった。前の儀式から数メートル、数分前に着地した。撤退しないことを確認。小さき光が金星を口にした。他にもいるのかもしれない。

記録: 167 - BRIDGE - 5.2

ガーディアンが月でハイヴを発見したのを目撃。ベックスに関する知識は、まだここには届いていない。帰還コマンドの遅れは、再び接近を試みる前に解消しておかなければならない。

記録: 312 - BRIDGE - 3.3

ガーディアンとハイヴの戦いを見ることで、地球への軌道を確認できる。この月は奴らのもの。奴らの繁殖地。黒い心臓部と言ったところか。私達が知っているのとは違うが、私達が何度も落ち行くあの暗黒かのように思える。

記録: 472 - BRIDGE - 2.1

この光について遠くまで旅した。この廃墟となったコスモドロームでハイヴが欲しているものを突き止めながら、小さき光に導かれてフォールンを切り抜けた。

記録: 473 – BRIDGE - 1.2

また聖堂に戻ってきた。でも今回は小さき光が私の存在に気づいた。何度も失敗を見てきたが、今回は違う。興味をそそられる。戦いに備えている...